コピー機の新しい調達方法|3DプリンターやOA機器がビジネスの助け舟になってくれる

3DプリンターやOA機器がビジネスの助け舟になってくれる

婦人
このエントリーをはてなブックマークに追加

コピー機の新しい調達方法

レディ

中古コピー機の調達

企業においてIT化が進んだ現代でもコピー機やFAXなどが必要になっており、それらを一体化した複合機のニーズは高いものがあります。ただ現在のビジネスにおいて、コミュニケーションの主流がメールになってきていることもあり、複合機のランニングコストを気にする企業も多くなっています。こういった企業が中古の複合機を導入するケースがありますが、その特長から注意していくポイントというものが存在します。まずトナーなどの消耗品がどれだけ長く提供していいただけるかということですが、これは提供する業者がある程度補償するケースがあります。これと同じように製品保証も併せて考えたいのですが、以前に比べて中古でも考えられていますので、心配するケースも減っています。このように以前に比べて複合機は中古でも注意すべき点をおさえれば、企業でも導入しやすくなってきたと言えます。

工夫して長く使っていく

中古の複合機を導入した場合、新品と違っていくつか工夫していくことで、その利用期間を長く使って、トータルコストを抑えることができます。まず導入する際には、きちんとメンテナンスの契約を結ぶことが肝心で、定期的に点検するサービスもつけると良いです。大抵中古の複合機を提供する企業は、これらも合わせて販売しているケースもありますので、合わせて契約したいものです。これにより、定期的にメンテナンスが受けられ、故障しやすい部品などを予防交換してもらえるので、結果的に長く使えます。またトナーなども、再生品トナーなどを合わせて利用することで、ランニングコストも抑えることが可能になっています。このように中古ならではのメンテナンスを施すことで、長い間利用することができますので、導入メリットも出てくるわけです。